*

アクセスの見込めるコンテンツを見つける2つの方法

公開日: : 最終更新日:2014/05/23 SEOライティング

ネットショップを新規に立ち上げ、売り上げを増やしていく事を考えます。

まずはアクセスが無いと何も売れませんので、このサイトで紹介しているSEO内部対策を全て実施します。

その後に重要な事は、コンテンツの量と質を増やすという事になります。

では、アクセスアップに繋がる様なコンテンツのテーマを見つける方法は、どんなものがあるのでしょうか。

 

1.お客さん予備軍が検索しそうなキーワードを想像する

例えば、あなたが地方の文具メーカーだったとします。この時、まっ先に思いつくキーワードは、”文具”ではないでしょうか。従って、”文具”というテーマについてコンテンツを作れば、アクセスアップが望める様に思えます。しかし、それは間違っています。

”文具”はそこそこのビッグキーワードですので、今から検索結果の上位に表示する事は難しいと思います。また、”文具”で、検索した人は、文具が欲しいのではなく、文具の歴史が知りたいのかもしれません。さらに言えば、コンパスが欲しい人は、”文具”とは検索しません。

単純にコンパスを買いたい人は、”コンパス 販売”等と検索します。また、子供の学校用で使用するコンパスを探している”コンパス 学校用”等と検索するのではないでしょうか。

従って、それらのキーワードが含まれたコンテンツを作成した方がアクセスアップが望めると言う事になります。

 

2.ツールを使って、関連キーワードを探す

もっと正確にキーワードを調べたい場合は、googleのキーワードプランナーを使います。これは本来googleで広告を出稿するときに使用するツールで、無料で使用できます。

ブラウザ上で、関連キーワード、月間検索数などを具体的に調べる事ができます。月間検索数の多い順に見て行き、自分が書けそうなコンテンツをネットショップのフリーページの欄に追加していくと、アクセスアップが望めます。

 

まとめ

  • お客さんの気持ちになって、検索キーワードを探す。
  • googleキーワードプランナーを使って、関連キーワード、月間検索数を把握し、それについてのコンテンツを作成する。

関連記事

no image

放置していたECサイトの平均順位が上がった話

1月の下旬辺りから、放置状態(コンテンツを増やす等をしていない)だったECサイトの平均検索順位が上が

記事を読む

ネットショップの商品説明は、だらだら書かないのがコツ

ネットショップで商品の詳細を見ているお客さん予備軍は、”この商品は自分に必要か” を見ています。

記事を読む

no image
ヤマダモールへの商品出品勧誘を受けた件(迷惑)

私の現在のEC販路は、自社サイトの他、楽天、アマゾン、Yahooショッ

no image
SEOはコンテンツ作りだけではダメだという話

久しぶりの記事となってしまいました。   最近は

no image
放置していたECサイトの平均順位が上がった話

1月の下旬辺りから、放置状態(コンテンツを増やす等をしていない)だった

no image
2017年のネット物販について思う事

この記事を書いているのは2017年の一月上旬です。 私がネットで

no image
失われた函館の魅力

函館に抱き始めたモヤモヤ感 私が函館に戻ってきてから数年が経った。

→もっと見る

PAGE TOP ↑