*

ネットショップの商品説明は、だらだら書かないのがコツ

公開日: : SEOライティング

ネットショップで商品の詳細を見ているお客さん予備軍は、”この商品は自分に必要か” を見ています。

その必要性を短文で訴えるコピーライティングスキルは重要です。

でもそれ以前に、文章の構成がごちゃごちゃしていたなら、商品説明は読まれることなくウィンドウは閉じられてしまうでしょう。

そうならない為に、ネットショップのオーナーは最低限の文章構成の型を持っている必要があります。

 

商品説明のページを、このページで述べるフォーマットにし、総論、各論、まとめをHタグでしっかりと囲えば、SEO対策にもなります。

ただこのページで記載している内容はSEO対策というよりも、

せっかく商品説明を見てもらったお客さん予備軍の、ページ離脱率を減らし、制約率を上げる

意味合いが強いです。

 

総論 → 各論 → まとめ でOK

基本的に、大抵の商品は3段構成で問題ありません。

総論においては、各論で記載する内容と、まとめの内容を簡単に書きます。

各論においては、商品の良いところやユースケース別の詳細を書きます。これが総論に書いたことの根拠になります。

まとめにおいては、各論に記述した根拠を前提に、実際に買った人が具体的にどうすれば良いのかを書きます。

 

まとめ

  • 文章構成の”型”を持つ。
  • 型は、総論、各論、まとめ でOK。

関連記事

アクセスの見込めるコンテンツを見つける2つの方法

ネットショップを新規に立ち上げ、売り上げを増やしていく事を考えます。 まずはアクセスが無いと何

記事を読む

no image

放置していたECサイトの平均順位が上がった話

1月の下旬辺りから、放置状態(コンテンツを増やす等をしていない)だったECサイトの平均検索順位が上が

記事を読む

no image
ヤマダモールへの商品出品勧誘を受けた件(迷惑)

私の現在のEC販路は、自社サイトの他、楽天、アマゾン、Yahooショッ

no image
SEOはコンテンツ作りだけではダメだという話

久しぶりの記事となってしまいました。   最近は

no image
放置していたECサイトの平均順位が上がった話

1月の下旬辺りから、放置状態(コンテンツを増やす等をしていない)だった

no image
2017年のネット物販について思う事

この記事を書いているのは2017年の一月上旬です。 私がネットで

no image
失われた函館の魅力

函館に抱き始めたモヤモヤ感 私が函館に戻ってきてから数年が経った。

→もっと見る

PAGE TOP ↑