*

おちゃのこネットでやるべき8つのSEO対策

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 中級のSEO

おちゃのこネットはカラーミーショップと比べるとSEO対策がやりにくいというのが正直なところです。

それでも基本を抑える事でSEO対策は出来ます。

以下8つの項目を記載するので、まだ実施していない項目があるおちゃのこネットのショップオーナーは、是非実施して欲しいと思います。

 

 

1.商品詳細ページもSEOを意識して書く

大見出しタグ(H1タグ)とネットショップのSEOで書いた通り、おちゃのこネットの商品詳細ページは、意図的に使わない限り、見出しタグがないページになります。

H1タグが無いのはSEO対策上非常に悪い状態です。Google様のクローラがページの内容を把握しにくい状態になってしまいます。

おちゃのこネットの商品詳細ページでは、H1~H3を使い、文章を構造的にしてください。最低でも商品名はH1タグで囲う様にしましょう。

更新が終わったら、念のためページのソースを見て、確実にH1タグが使用されていることを確認して下さい。

 

2.ディスクリプションタグもしっかり書く

ディスクリプションの内容は検索された時に表示される文章です。最大160字で、商品毎に異なる説明になる様にします。

記載の内容によって検索順位に影響はありませんが、検索ページを見た人が思わずクリックしたくなる様な文章を心がける事により、サイトへの流入数を増やす事ができます。

商品名だけ書いていては非常にもったいないです。メーカー名、値段、状態、保証、納期など、書くことはたくさんあるはずです。

そしてできれば、検索結果に実際に表示された状態を見たほうがいいと思います。他のサイトのディスクリプションの内容と並んでいる状態で見ることにより、自分のショップがそれらのサイトよりもクリックしたくなるか、客観的に見られるからです。

 

3.ページの読み込み時間を短縮してSEO対策

Googleはページの読み込み時間が短いウェブページを、ユーザビリティの高いウェブページと判断し、上位表示されやすくします。

おちゃのこネットで作ったネットショッピングサイトもウェブ上に存在するページですから、全く同様の扱いを受けます。

おちゃのこネットのテンプレート選択

おちゃのこネットに関わらず、選んだテンプレートによってページの読み込みスピードは変わります。できれば読み込みスピードの速いテンプレートを使用すべきです。

Googleの PageSpeed Insights で読み込みスピードは確認できます。実際には、気に入ったテンプレートの候補をいくつか絞り、その中で読み込みスピードの速いテンプレートを使用すると良いと思います。

詳細は、ウェブページの読み込み時間を短縮して上位表示させるを見てください。

 

4.商品ページの文字数を増やしてSEO対策

おちゃのこネットに限らず、ネットショップ商品ページの文字数は少なくなりがちです。

そして、文字数が少ない作成直後のウェブページを上位表示するのは、結構難しかったりします。

どうしても商品説明文が短くなってしまう場合は、商品につける保証の説明、ショップの販売ポリシーなどを記載し、文字数を増加させると良いですね。

 

5.商品数を増やしてSEO対策

ネットショップにおいて商品数を増やすという事はウェブページの数が増えるということになります。ページ数の多いサイトはロングテールSEOの観点からも良いですし、下位ページから内部リンクが集まるトップページも上位表示されやすくなります。

そうは言っても、簡単に取り扱い商品は増やせない!そういうネットショップオーナーも多いかもしれません。そこで使えるテクニックを紹介します。

売り切れ商品も表示する

おちゃのこネットでは、在庫が切れてしまった商品も ”SOLD OUT商品” として表示する事ができます。是非そのように(見られる)状態にし、Googleにインデックスさせましょう。

セコい様ですが、サイト閲覧者は”この店は過去にこんな商品を売ったんだな”という事が分かるわけですから、ユーザビリティの観点からも良い事です。

おちゃのこネットのシステムでは、商品登録ページのチェックボックスで対応できます。

是非、売り切れ商品も表示するように設定しておいてください。

売り切ればかりのショップという印象が気になるという方は、適度な数の商品を”SOLD OUT商品”表示するように設定すると良いでしょう。

 

6.サイトマップのページを作ってコンテンツSEO

近年のSEO対策の中心は、質の良いコンテンツをたくさん追加するというものになってきています。

ただ、ネタ切れに困っているネットショップオーナーも少なくないと思います。

そこで有効なのが、コンテンツの一つとして、サイトマップをウェブページに掲載するという方法です。

おちゃのこネットでも、フリーページの一つとしてサイトマップを表示する事が可能です。

詳細は サイトマップをウェブページに掲載する をご参照ください。

 

7.フッターからトップページへリンクを貼る

この方法はちょっととっておきですがの方法ですが、せっかくこのページを見てもらったのでご紹介します。

内部リンク数を稼ぐ方法として、フッターの著作権表示からトップページへのリンクを貼る、という方法があります。

フッターというのは、各ページの下段部分の表示の事です。

ちなみに、ウェブページのタイトルやサブタイトル等が記載されている上段部分の事は、”ヘッダー”と言います。

ヘッダーはロゴがクリックできるようになっていて、トップページへのリンクが貼られています。これをフッターの著作権表示でもやります。

その具体的方法とは

おちゃのこネットの管理画面、デザイン管理タブの画像とコメントの設定で、”コピーライト”というテキストボックスがあると思います。

この内容は通常、”このサイト内の著作物の所有権は●●にありますよ”という意味の、著作権表示のテキストを入力します。

(c) “あなたのネットショップ名” 2014 All Rights Reserved.というヤツですね。

このテキストボックスに入力するテキストは、実はHTMLも使用可能になっています。そこで、”あなたのネットショップ名“を<a>リンクで囲って、トップページへ飛ばします。

これで、全ての子ページから、トップページへ内部リンクが一つ増えます。

私のウェブショップのトップページは、この施策により順位を上げました。(劇的に上がったわけではありませんが、確実に上がりました)

子ページからトップページにリンクを貼る事により、トップページがよりクロールされるようになったという事です。

ロングテールSEOの観点から、子ページが上位表示されるのも良いのですが、ネットショップの場合はやはりトップページが上位表示されるに越した事はないと思います。

この方法の有効性は、wordpress で作成したサイトを見ると理解できると思います。

このサイトもそうですが、フッターからトップページへリンクが貼られているのが確認できますよね。

最近のウェブ製作では半ば常識となっているのですが、おちゃのこネットでは自分でやる必要があります。

 

8.クローラビリティを意識する

上記でも少し触れましたが、ウェブサイトを解析する検索エンジンのクローラは、各ページのHTMLにあるリンクをたどってウェブサイト全体を評価します。

通常のウェブサイトですと robots.txt というファイルの記述によって、クローラの動きを制御します。

しかし、おちゃのこネットでは robots.txt はエディットできません。

そこで、フリーページなどで他サイトへリンクを貼る場合、nofollow にてリンクを貼るようにする事で、ある程度のクローラビリティを確保する事が可能になります。

 

 

”おちゃのこネット x SEO対策” のまとめ

このページでは、私がおちゃのこネットのネットショップで実践して、効果のあった方法ばかりをまとめてみました。

一つでも未実施のものがあったら、是非実施してみてください。

 

 

おちゃのこネットで稼ぐ上で、本当はあまり公開したくない情報も、公開しちゃいました!(ライバルサイトがやっていない事も多いので…)

できたら 左下のSNSボタンを押して、拡散をお願いいたします!

関連記事

facebookでファンを増やす方法とその重要性

ネットショップの片隅に、facebookでそのページをいいね!している人の写真がズラズラと表示されて

記事を読む

ネットショップオーナーがアマゾン出店時にやるべき2つの工夫

一つの販路として、アマゾンの存在は大きいです。   理由としてはまず、何かをネ

記事を読む

これから wordpress でウェブサイトを構築する時にお勧めする2つのこと

SEOの王道は良質コンテンツだ、という事が言われるようになって久しいですね(被リンクも必要なんだけど

記事を読む

ライバルが絶対に勝てないSEO施策とは

私がウェブのSEOに関して最近感じている事、それは、ドメイン年齢って重要だな~って事です。 &

記事を読む

wordpressサイトが上位表示しやすい訳とは

今ウェブの世界ではwordpressが大流行しています。 このサイトの様な個人ブログから、本格

記事を読む

運営しているネットショップのメインワード検索順位で1位を獲得しました。

私はブラウザとして google chrome を使っていて、起動したときのタブの一つに googl

記事を読む

ネットショップのモバイル対応は必須

先日、自分のネットショップサイトを訪れるデバイスの割合を見たのですが、以下の様になっていました。

記事を読む

上位表示したいウェブページからの発リンク数は被リンク数の10%程度に

発リンク数はページのSEO的な価値を渡す事になります。従って、上位表示したいウェブページからの発リン

記事を読む

no image

検索順位が落ちました。。。

なんだか最近ネットショップの売り上げが減ったなと思い調べてみると、googleでの検索順位が1位から

記事を読む

no image

.comドメインを取ったら設定する事

ネットショップのサイトはオリジナルドメインを取って運営する事をおすすめしています。 この時、ジ

記事を読む

no image
ヤマダモールへの商品出品勧誘を受けた件(迷惑)

私の現在のEC販路は、自社サイトの他、楽天、アマゾン、Yahooショッ

no image
SEOはコンテンツ作りだけではダメだという話

久しぶりの記事となってしまいました。   最近は

no image
放置していたECサイトの平均順位が上がった話

1月の下旬辺りから、放置状態(コンテンツを増やす等をしていない)だった

no image
2017年のネット物販について思う事

この記事を書いているのは2017年の一月上旬です。 私がネットで

no image
失われた函館の魅力

函館に抱き始めたモヤモヤ感 私が函館に戻ってきてから数年が経った。

→もっと見る

PAGE TOP ↑