*

在庫を持たないネットショップが増加中!?

公開日: : 最終更新日:2014/11/19 その他役に立つ事

5、6年前でしょうか、無在庫販売の輸入品ネットショップが大流行しました。

お客さんからの受注を受けてから、海外のネットショップへ発注し、商品を入荷させるのです。

多くの輸入品について、日本の代理店が得ていた利益を個人レベルのネットショップのオーナーが奪う状態になっていました。

 

この方法は初期資金がほとんど必要ないため、ネットショップを検索結果の上位に表示さえできれば、素人でも簡単に利益を出すことができました。

在庫を持たなくて良いので、店舗も必要ありません。という事は固定費もほとんどかからないのです。

そんな利点から、個人でも国内代理店と十分勝負ができた時代がありました(一部のネットショップはまだやっているみたいですね)

 

しかし、(自分もやっていたので分かるのですが)この方法には欠点もあります。

それは、商品を100%入荷させることができるわけではない、という事です。

また、納期が予想以上にかかる場合もありますし、入荷した商品の状態が悪い場合もあるという事も、このビジネスの欠点といえるでしょう。

納期がかかると、お客さんの気持ちが変わり、発注をキャンセルされるという事もあります。

その他、商品のジャンルによっては、個人が合法的に販売するにはコストがかかりすぎるものなどたくさんありますが、ここではこれらについては割愛します。

 

商品を入荷させることができなかったり、キズ物だったり、古いバージョンのものだったりした場合、お客さんに謝罪しなければなりません。

それらは発注後時間が経って分かることも多いのですが、お客さんは待たされた挙句望みのものが入手できないわけですから、激怒することも少なくありません。

私はこれが辛くて、輸入ビジネスを止めてしまいました。

特に面白みも感じませんでした。お金のためだけにやっている状態でしたね。またやる気もないですね。ただ一つ、”ネットショップ”をやる事への抵抗感は全くなくなりましたし、運営のノウハウやSEOについて学べた事は、とても良い経験だったと思っています。

 

 

ところでこのビジネス手法が流行りだした頃から、今まで在庫を持って商売をしていたショップも、在庫を持つ事はコストであり、リスクを負う事でもあるという事に気が付き始めました。

そのため、最近は全ての販売商品について在庫を持っていないショップも増えています。

私は仕事で使うものをネットで購入することも多いのですが、物理的に大きかったり、重いものや、高額なものは直接メーカーから発送されてくることが多くなってきています。

 

この部分的な無在庫販売手法ですが、コストやリスクを削減できる反面、前述の輸入ビジネスと同じような欠点があります。ビジネス手法が近づいたわけですから当然です。

先日、私はあるネットショップで資材を発注したのですが、在庫数として表示されていた数を発注したにもかかわらず、後のメールで在庫が無いと言われてしまい、再入荷まで3週間も待つハメになりました。

また、別のネットショップでは、発注の翌日に、その商品は生産中止となっておりお届けできません、と言われたりしています。

 

ネットショップのカートシステムで正常に発注できたのに、後日のメールで、発注したものが入手できないことを知らされる失望感は大きいです。そのネットショップでは二度と買わないという人も多いでしょう。

 

 

そんな訳で、

もしあなたが自分のネットショップで、メーカー直送などの形態で販売するのであれば、納入可否をマメに確認し、ウェブに反映すべきです。

また、もしあなたのネットショップが、常に在庫がありいつでも納入できる!という事であれば、それを前面に出していくべきだと思います。この状況は、あなたのネットショップにとってチャンスと言えるからです。

関連記事

その他役に立つ事

各ポイントシステムの影響度が増してきていますね

懸命なネットショップオーナーなら、ネット上の販路をいくつも持っていると思います。 私も、カラー

記事を読む

その他役に立つ事

上位表示されているウェブサイトのソースを見るクセをつける

自分が上位表示を目指すキーワードで、既に上位表示を達成しているウェブサイトがあると思います。

記事を読む

その他役に立つ事

おちゃのこネットのHTML5テンプレートについて

数ヶ月前、おちゃのこネットのテンプレートに、HTML5のものが追加されました。 見た目の面から

記事を読む

その他役に立つ事

アマゾンの信じられないクレーム実例

私は商品の販売チャンネルとして、ネットショップの他、アマゾンも利用しています。 アマゾンの客質

記事を読む

その他役に立つ事

ネットショップの決済方法にPaypalを追加した結果

私はメインのネットショップのカートシステムとして、カラーミーショップを使っています。 2ヶ月ほ

記事を読む

no image

プラットフォームに依存することの危うさ

私は自分で構築しているネットショップの他、アマゾンやYahooショッピングなどでも商品を販売していま

記事を読む

no image

アマゾンジャパンが独占禁止法の疑い

少し前の事で恐縮ですが、今月(2016年8月)の上旬に、アマゾンジャパンが独占禁止法違反で公正取引委

記事を読む

その他役に立つ事

ネットショップで販売する商品には保証を付ける

今やネットショップで扱われている商材は様々です。 大きな市場の商材から、こんなもの誰が買うの?

記事を読む

no image

ヤマダモールへの商品出品勧誘を受けた件(迷惑)

私の現在のEC販路は、自社サイトの他、楽天、アマゾン、Yahooショッピング等があるのですが、

記事を読む

その他役に立つ事

売れるサイト ≠かっこいいサイト

ウェブの技術的に言えば、HTML5やjs、wordpressの普及。 その他の要素としては一眼

記事を読む

no image
ヤマダモールへの商品出品勧誘を受けた件(迷惑)

私の現在のEC販路は、自社サイトの他、楽天、アマゾン、Yahooショッ

no image
SEOはコンテンツ作りだけではダメだという話

久しぶりの記事となってしまいました。   最近は

no image
放置していたECサイトの平均順位が上がった話

1月の下旬辺りから、放置状態(コンテンツを増やす等をしていない)だった

no image
2017年のネット物販について思う事

この記事を書いているのは2017年の一月上旬です。 私がネットで

no image
失われた函館の魅力

函館に抱き始めたモヤモヤ感 私が函館に戻ってきてから数年が経った。

→もっと見る

PAGE TOP ↑