*

失われた函館の魅力

公開日: : 最終更新日:2016/12/21 雑記帳 , ,

函館に抱き始めたモヤモヤ感

私が函館に戻ってきてから数年が経った。

函館に戻ってきたいと思ったのはいくつかのワケがあったからだが、その中の一つに「面白い人がたくさんいる街なのに、自分がそこで生きないなんてもったいない。函館で生きていきたい」というものがあった。

 

私は内地から帰省するたび毎晩、遊び歩いていたのだが、そこで出会った人々の一部は、当時住んでいた内地の街にはいない人種だった。

その人格も、その人が経営している店も、個性が前面に出た、突き抜けたものがあった。

 

しかし、いざ自分が函館に戻ると、雇われなくなった自分の今後の人生に不安を感じ、ほとんど出歩くことができなくなった。

起業直後というのは本当に苦しい。

今調子が良くても、来年どうなるかわからない。

そんな不安を抱え、遊び歩くことなどできなかった。

 

最近、少しだが遊びに出ることができるようになった。

事業の方向性が定まり、規模が大きくなり、やや不安が解消されたのだと思う。

数年ぶりくらいの頻度で飲み歩き、いろいろな人と話をすると、何とも言えないモヤモヤした気持ちになる自分に気が付いた。

 

函館には昔ほど突き抜けた人がいない・・・変な店も減ってしまったんだな・・・

 

”メジャー感”という言葉との出会い

ところで私は、私がネットで物を売る事を仕事にしてから、ネットショップの運営、特にコンテンツの書き方について本やネットの記事などを読んでいる。

そこには、いろいろなキーワードが出てくる。

 

”メジャー感”

この言葉もその中の一つだ。

 

その意味は読んだままで、そのジャンルの主流が発する情報であるという雰囲気、とでも言えるだろうか。

ネットショップ上のコンテンツが醸し出す雰囲気が、いかにも主流派のそれであるという印象を与える事が出来れば、受け手は安心して受け止める事ができる。

説得力が増すのである。

 

函館に増えたもの・失われたもの

話は戻るが、最近函館に増えているのは、東京にありそうな ”メジャー感を感じる” フォーマットの店舗だ。

 

それは石川町にある蔦屋みたいな本屋だったり、その中に入るスタバだったり、

メイド服を着た店員が応対する洋菓子店だったりする。

他には、すき屋やココイチなども、函館に上陸したのは遅かった。

(00年代の函館には、98年の拓銀破たんに象徴される不況の影響が色濃く残っていたから、入り込む隙が無かったのだろう)

 

代わりに失われたものと言えば、

拾ってきた自転車を飾っていてつまみがプロセスチーズしかない若松町のバーだったり、

深夜にアングラなライブイベントをやる蕎麦屋だったり(この店はイベントをやらなくなっただけだけど)

小汚くて狭い自称タイ料理店だったりする。

 

そういった個性的な店舗が失われるのと同時に、個性的な人種もいなくなった。

彼らは生業として店を構えている人が多かったから、というのもあるのだろう。

 

私は、夜の街で、そんな彼らと出会うのが大好きだった。

 

メジャー感の無さ

”メジャー感”

コンテンツの作り方を学ぶ過程で出会ったこの言葉によって、私の今の函館に対するモヤモヤ感が晴れた気がした。

 

私が好きだったのは、00年代の函館の ”メジャー感の無さ” だったのだ。

 

それは函館の普遍的な個性ではなく、あくまでも不況の影響が色濃く残っていた00年代の函館のそれであって、

今の函館は ”メジャー感” 全開の場所が増えていて、

代わりに ”メジャー感” の無い(私にとっては愛すべき)場所がどんどん減っている、という事だ。

 

一旦函館以上に景気の良い場所で長く自活した私から見ると、どんどん函館の個性が無くなってしまっている様に見える。

しかし、真の地元民(他の土地で自力で生活をしたことのない人)ほど、メジャー感の感じる場所を渇望していたのだろうか。より集う様に思う。

 

時代の流れとは悲しいものだ。

 

おまけ

函館で起業(店舗経営)を考えている方にアドバイスをするとすれば、メジャー感を感じる店舗にしましょう、という事になる。

内装や外装を東京で受けそうなオシャレな見た目にする。

真の函館人はそういう上っ面の雰囲気に弱い。

ただ、きっと飽きられるのは早いけれども。

関連記事

no image

自己愛性人格障害者を見分ける5つの方法

(この記事はネットショップだったり、SEOには無関係のものです) 起業後、いろいろな人と触れ合

記事を読む

no image

大阪のババアの厚顔無恥っぷりが酷い件

…。 酷いタイトルだとお思いでしょう。 でも本当に酷いのは大阪の40代のおばちゃんです。

記事を読む

no image

自分の生活費をコストカット

行動範囲内に深夜までやっている書店ができたので、かなり本を読む様になりました。 時間があるとき

記事を読む

no image

自己愛性人格障害者と君主論

最近私はマキャベリの君主論に興味があるのですが、読破する気は起きないので、現代に合うように要約された

記事を読む

no image

台風10号の影響で Wimax が不通に

先日の台風10号の通過によって、ここ函館では甚大な被害が及びました。私の所有する建物も暴風によってち

記事を読む

その他役に立つ事

さらばNTT! – NTTとの契約を解除して固定費削減 –

ネットショップを運営するなら回線は太くて安定している方がいい、という考えによって、数年間NTTのフレ

記事を読む

no image

函館にUターンして起業する事について

私は30過ぎて函館へUターンし、1年暮らした後起業し、数年が経ちました。 帰ってきてから知り合

記事を読む

インターネットはwimaxで充分 – 評判のいいnifty wimax を契約

私が地元戻って来きたのは数年前ですが、それはネットショップを始める直前でした。 既にネットショ

記事を読む

no image

函館の冬道に毎年思うこと

函館市内を冬に車で走っていると、いつも思うことがある。それは、”解けた雪が行き場を失っている”と言う

記事を読む

no image

ウィルス添付メール 【要連絡】修繕依頼

今日携帯のキャリアメールに、 ”【要連絡】修繕依頼” というタイトルのメールが来ました。 &n

記事を読む

no image
ヤマダモールへの商品出品勧誘を受けた件(迷惑)

私の現在のEC販路は、自社サイトの他、楽天、アマゾン、Yahooショッ

no image
SEOはコンテンツ作りだけではダメだという話

久しぶりの記事となってしまいました。   最近は

no image
放置していたECサイトの平均順位が上がった話

1月の下旬辺りから、放置状態(コンテンツを増やす等をしていない)だった

no image
2017年のネット物販について思う事

この記事を書いているのは2017年の一月上旬です。 私がネットで

no image
失われた函館の魅力

函館に抱き始めたモヤモヤ感 私が函館に戻ってきてから数年が経った。

→もっと見る

PAGE TOP ↑